• 携帯サイト http://m.reiun.jp

霊雲の世界~霊能術紹介~

神降術とはなにか?

神降術とは、高次に存在する高級霊もしくは、神霊界の神々を降ろし、巫女やノロが神のお告げ(神託)を聞くための、能力です。(巫女やノロなどの霊能者については別の項でご紹介しています)イタコの「口寄せ」神口(カミクチ)と似ている部分もありますが、神口が個々の幸、不幸に直接関知せず、おもに人生の指針などをお示しになるのに対して、神降術は天変地異や人の日常的判断を越える問題であったり、相談者の個人的な願いや悩みを直接神霊界の神々に届け、その回答を求めることができます。人を媒介にして伝える点では神口と同じと言えます。神降術は、人生の岐路に立ち、重大な選択を迫られた時など、未来の吉凶についての予知結果を得られることができる霊能力なのです。電話占い霊雲の霊能者は高級神霊を憑依させて神託を伺いますが、儀式を行ない器などの物に降神する方法もあります。

霊能者のレベルに左右される神託

日本は一万年以上前から神事の歴史がある国なので、日本人霊能者の能力は世界一と言っても過言ではありません。そんな高度な霊能力を有する日本人霊能者は、より高次の神々を降ろすことができるので、神託のスケールも大きくなる傾向があり神託の内容も非常に明瞭です。ここまでくると、もはや預言者と呼んだ方が適切かもしれません。しかし、神託と言ってもその未来は変えられないものではなく、本人の努力によってある程度まで変えることができるので、悪い未来を告げられても心配することはありません。悪い未来を変える方法も併せてお伝えすることが可能なのです。

古来より世界中に存在した神降術

神々とつながり、高次元から神託を得る。このような霊能力を扱う霊能者は古来より存在していました。日本では卑弥呼が神と交信していたと言われていますし、世界を見渡すとアフリカなどで神の力を借りて心霊治療を施していたシャーマンが存在しています。また、古代ギリシャでは、都市国家デルォイのアポロン神殿で当時の権力者たちが神託を求め、その神託により国家を運営していたのは有名な話です。神降術を扱える霊能者たちは、厳しい修行を積み強大な霊能力を身に着けた者のほか、神の依りしろとして生を受けた者であったり、血縁上、特定の神と密接な関係になる者たちです。神託を得たいとお考えの方はぜひ一度電話占い霊雲にお電話ください、ご相談いただけばあなたの人生を変えることができるでしょう。

霊雲の世界 - 霊能者紹介霊能術紹介
お問い合わせはこちら
ページTOPに戻る